読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレママのぐーたら日記

おんせん県に住むプレママ(初妊婦)です

母との通話

私はあまり実家と親密に連絡を取る方ではない

というと、仲が悪いのか?とよく聞かれる(or思われる)のだがそうではなく、ただ「自立した子になりなさい」と育てられた結果だと自分自身は思っている

だから、大学も(半分母の勧めもあったが)自分で決めて推薦取って入ったし、就職先も実家のある県は受けない(戻らない)と決めて今住んでいる所に入ったし、結婚するときもここに骨を埋める覚悟で親に紹介した

そんな私だから、父はおろか母と電話でぺらぺら喋るなんて事は滅多になく、お互い近況はフェイスブックで知るような感じだった

(一方で、旦那さんは毎週のように実家に帰りたがり、電話もきちんとする親孝行な息子である)

 

今日、たまたま旦那さんが実家に電話しているのを側で聞いて、何故か私も誰かに電話したくなった。旦那さんにそういうと「お義母さんに電話したら?」と返事が来た

母に今電話したら陣痛来たのでは?とか思われるのでは…と余計な心配をしながら、電話をかけるとテレビを見ていたのだろうか、リラックスした声で出てくれた(夜中まで仕事している時は大抵ピリピリした声になっている。結構声に表情の出る女性である)

具体的に何を話したか覚えていないくらい、多分色んな話を飛びながらした。臨月に入り、今まで以上に不安なのだろうか。初めて母の陣痛の時の話を聞いて、ふむふむと頷いたりへえ〜と驚いたりしたのは覚えている。私を産んだ時、美味しそうなご馳走を勝手に下げられてしまったことと、シャワーに入り損ねたことの話は笑ってしまった。私が(赤子故に空気を読まず)その時間おむつにうんちをしたからだ。申し訳なかった

 

結局、電話を終える頃には50分くらい経っていた。そういえば昔、祖母と母も普段はまったく電話とかしないのに、一度電話始めると1時間近くぺちゃくちゃ話していたし、祖父母の家に帰省したら延々と話していて、「おばあちゃんと話したいのは私もなのに」と嫉妬していたのを思い出した。もしかしたら、縁もゆかりもない地に(父の仕事の都合で)引越して、小さい子を抱えながら出産する心細さから祖母に頼っていたのかもしれない。私は初産だけど、それ以外は母のそれと似ている

「陣痛より乳腺炎になる方が怖い」と言った時は「ええ?(この子変だな)」と返されてしまったが、母も極端に心配しているようではなく安心した。私の性格上、自分ではそうは思っていなくても周りからとやかく言われると、自信をなくすか不安になる傾向にある。それも分かっていてあえて「頑張んなさい」とだけ言ったのかもしれない

 

通話の後、久しぶりに熟睡した。時間はいつもと同じ3時間あるかないかだったが、起きた時の頭の軽さが違っていた。電話したら?とアシストしてくれた旦那さんに感謝している。明日何か美味しいものを作ってあげよう