読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレママのぐーたら日記

おんせん県に住むプレママ(初妊婦)です

口に出して言うこと

最近の旦那さんは愛情が爆発している

「ベビちゃん(お腹の中にいる赤ちゃんのこと)がもうすぐうまれると思うとそわそわして仕事が手につかない」と言い訳する位には浮かれているようだ

もちろん(?)妻である私に対しても今まで以上に愛しているらしく、言葉で行動(キスやハグ)で表してくださる

とても優しい旦那さんである

 

…今日はそんな記事を書きたいのではなくて、私たちの感情表現の仕方についてだ

私はどちらかというとカッとなりやすくて、すぐ口に出してしまうタイプだ。福岡の血を引いとるけんね〜と言い訳している

一方、旦那さんは昔は口下手というか説明下手というか、言葉に出さず、でもイライラはふつふつと溜まっていくようなタイプだった。それでいて我慢強い訳ではなく、私の口撃に耐えられず外に出ることもあった

 

そんな二人がこれから一生暮らしていくのなら、アンバランスな主張は避けるべきだ、と思い、まずは旦那さんの説明下手をなおすところから始めた。料理中、ご飯中、お風呂中、寝る直前、車でお出かけ中、とにかく二人でいる時に今日の出来事を話して貰うことにした。最初は何を話せば良いか分からなかったようで、私が質問してそれに答える形を取っていた。今では、帰ってきて服を着替える間に仕事のことや外の様子(花や気候)を話せるまでに成長した

 

すると、今度は喧嘩するか?というようなピリピリした時にも、二人とも落ち着いて話が出来るようになったのだ

怒っているとか、悲しいとかの理由を説明できるようになると、感情の振れ幅で相手を困らせるのではなくて、何故そう感じたのか、これからはこうして欲しいんだ、という意見のすり合わせが出来るようになる

落ち着いていると結構「ごめんなさい」が素直に出やすい。(旦那さん曰く私はまだまだごめんなさいをちゃんと言えてないことがあるらしい。反省している)

 

家族で夫婦だけど、まず他人同士の私たちなのだから、思ってる事が分からなくて当然だ。だから口に出して話してほしい

そう言って、何年かかけてお互い話すようにしたら、すれ違うって事が少なくなったように思う

だから、子どもがうまれて夫婦で話す時間が少なくなっても、ちゃんと口に出して言うことは続けていきたい

パパコラム

夜ご飯を食べて、私が食器洗いを、旦那さんが休憩していた時のこと。旦那さんの職場のPCで共有されるコミュニティの話になった。パパコミュニティ(仮名、mixiとかFacebookのグループみたいなの)なるものがあり、そのメンバーが隔週でコラムを書いているらしい。プレパパ(妻が初めての妊娠中)や新米パパが対象だという

さて、いよいよ旦那さんに指名が入ったそうな。指名してきた相手は、出産予定日が近く、同じ産婦人科に通っている事もあって仲良くさせて頂いている夫婦のご主人(実は同じ職場だったっていうのを後から聞いて不思議な縁だなと感じている)側からだという

話の感じからすると、旦那さんに電話がかかってきたのだろう。その中で旦那さんが笑いながら言った一言が、私の食器洗いの手を止めさせた

 

「(コラムを書くって言ったって)子どもも生まれていないのにパパのコラムなんて書けないですよね、って言ったら◯◯さんも「そうですね」って言ったんだよ」

 

今…何て言った??「子どもも生まれてない」だと…???

その後、旦那さんの話を切って今の何が悪かったかを事細かに(グチグチと)言ったのは言うまでもない

 

旦那さんの言い分だと、新米パパのコラムには子どもが離乳食でうどんを食べたとか、実際に腕に抱ける赤ちゃんの話を書く事は未だ出来ない(だって生まれてないんだもの)だそう

当たり前だ、まだもう少しだけ私のお腹の中で育っているんだから。だからと言って書けないのはおかしいだろう

妊娠が発覚してこの10ヶ月、貴方は私(とお腹の子)のために何もしてこなかったのか?私がつわりの時は何をしてくれた?お腹が大きくなるにつれてどんなことを感じた?初めて一緒に行った妊婦健診で一緒にエコーを見た時の感想は?ほぼ毎日欠かさない夜のクリームつけるマッサージの自慢話(お陰様でお腹には一本も妊娠線どころか正中線も入っていません)でも良いじゃないか。助産師会や病院主催の両親学級で何を学んだ?私と二人で色んな所で勉強して、二人で数少ないデートして、私が産休に入って、それぞれどう思った?あなたはこの10ヶ月パパになる準備をしてきたことを自覚していないのか?

こんな感情が一気に湧き出てきて、旦那さんには耳の痛い小言に聞こえたのではなかろうか

 

実は旦那さん、子どもが生まれるからと新たにブログをリニューアルしたのだが、新規記事はゼロだ。制度の事とかを書きたいから、と言っていたが(各制度の事はこれまでも旦那さんに説明したし、いくつか署名する度に了承してもらってるはずなのだが)書いていない。いつ書くのだろう

ネタはいくらでも転がっているのだから、ちゃんと(コラムもついでにブログも)書きなさいよ。といつもの釘をさして話を終えたが、果たしてちゃんと響いているのだろうか

他の職員が書いているコラムもきになるので、今度紙に打ち出して持って帰ってきてもらおう。もちろん、旦那さんが書いたコラムもね

ついに臨月突入

産休に入りぐうたらしていたら、いつの間にやら臨月(10ヶ月)に突入した

産休開始して1ヶ月間やったことは、家の片付け(未達成)、赤ちゃんグッズの買い物&整理(未達成)、マタニティビクス(継続中)、なかなかうまくいかないダイエット(失敗続き)、少しだけ手の込んだ料理フィーチャリングクックパッド先生(いい感じ)である

 

いい加減自分のものの片付けどうにかしなきゃorz あともう一つのカラーボックスと押入れの一つのスペースだけが終わっていない

終わる前に衣替えの季節がやってきてしまったから、また洋服の入れ替えもしておかないといけない

物をこれでもかと捨てたはずなのにまだまだゴミとして出てくる。常日頃からの断捨離の重要性を痛感している

 

もういつでも生まれてきて良い「正産期」に入った

足というか股の付け根付近、尻の穴らへん、胸(特に乳首)が痛むようになってきた。今まで痛くなかった所が痛くなり、お腹の中のエイリアンも2700gを突破した

もうすぐだ

 

 

f:id:tsuyu-2u:20170425234157j:image

バースプラン

安定期に入った頃だろうか、産婦人科から少し固めの用紙を渡された

「バースプランを考えてきてくださいね」と助産師さんにニコッとされ、Q&Aを見ると裏表に自由記述形式で書く欄があった

大雑把にしか覚えていないが、

①今の体調、②お産についてどんな考えを持っているか、③お産の時どうしたいか

を書くことになっていた

10ヶ月になる頃までに出せばいいわよ〜と言われ、渡された頃は早く考えなきゃ!と思いながら、でも実際は両親学級を受講した後、先々週くらい(9ヶ月後半)まで悩んで待ち続けていた

 

②について、

最初下書きには「痛いと聞いているが、した事がないのでわからない」と書いていたがこれじゃああまりに無責任過ぎるだろう、と心の中の私がバツ印をつけていた

安定期に入ってから、分からないなりに雑誌や出産に関する本、ネットを漁って「陣痛とは」「出産とは」を考えた

それでもやっぱり私は経験した事ないものをこうだ、と定義づける事が出来なかった

だから、下書きの上に「今までに味わった事ない痛みだと聞くけど、きっと赤ちゃんと乗り越えられる痛みだと思う」と書いた

助産師さんには「そうそうその通りよ。大丈夫よ」と言われて少しホッとした

 

③について、

これはすごく悩んだ。私は単純に「旦那さんと一緒にいられればそれでいい」人で、例えばお気に入りのアロマを炊きたいとか、好きな音楽流したいだとか、ヨガのポーズを取りたいからヨガマットを持ち込みたいとか、そんな具体的なことを考えていないのだ

だから「主人と一緒にいたい」と書いた(気がする。欄が余りすぎてもう少し詳しく書いたけど一言で言うとこうだ)それでも余ったから、主人のコメントとして「赤ちゃんのペースで母子ともに安全なお産にしたい」というのも書いた

助産師さんとの面談で、この旦那さんの言葉に感銘を受けたようで「あなた達は初めての出産なのにちゃんと分かっていて素晴らしい。この旦那さんなら安心できるわ」と太鼓判を押された

今は医療技術も発達していて、母親の急変にもすぐ対応できるし、赤ちゃんが危なければ開腹手術(つまり帝王切開)してすぐに取り出すことも出来るようになった。でも、そうやって無理やりすると結局母子の心身に負担がかかりその後の回復時間がかかるんだそうだ。不幸にして現代の出産でも母親、または子供が亡くなることもあるけれどそれ程命がけの仕事だという。だからこそ、(今は体調優先して陣痛促進剤を打ったりすることもあるけど)赤ちゃんが自分でタイミングを計って陣痛を起こしてくれるのに母親が合わせた方が一番負担も少なくて一番自然なんだという

 

このバースプランを提出して、助産師さんと話をして、今までもやもや〜としていたお産を少し自分のことのように思えたし、覚悟もついたように思う。特に陣痛を無駄に怖がる事がなくなったのが一番大きい

そうか、痛いのは痛いんだけど赤ちゃんが自分の体調と私(母親)のコンディションを計って「よし、今だ!」というときに頑張ってくれるってことか、と思えるようになった

それに、助産師さんから太鼓判を押された旦那さんもいる(予定)からきっと大丈夫だ

だから、私は人生の初めての大きなプロジェクトに怯えずに取り組めそうだ

二人で最後の旅行を楽しむ(準備編)

先週末、旦那さんと最後の泊りがけの旅行に行きました

35週に入ったばかり、来週からは正産期、つまりもういつ産まれてもおかしくない時期の直前です

年度末〜初めは旦那さんのお仕事が立て込んでいて休みが取れないと言われていたので、この週末にしかチャンスがなかったのです

 

さて、妊娠中の旅行は色々とトラブルが起こるかもしれないと本やネットで見ていたので今回の旅行に私なりに条件をつけていました

①万が一、破水とか急激な体調不良になったときにすぐかかりつけの産婦人科に戻れる距離であること(私は車で1時間以内と設定しました)

②観光地の近くに大きな病院(できれば産婦人科がある)があること

③旅慣れているところ

④休憩しやすく、泊まる場所で周りからの干渉がないところ

 

この条件に当てはまるのは大抵住んでいる市に隣接しているところになります

特にすぐ病院に車を飛ばすとなると、山道ではなく国道や高速道路等大きな道が整備されている場所です

という訳で、Y市にしました

ただ、いつも行っている所に行くのも面白みがありませんので、宿泊先は初めての場所にしました

 

Y市は有名な観光地ですので、昼前に行ってしまうとのろのろ歩く観光客に阻まれ、渋滞に巻き込まれ、駐車場は満車…ということもしばしばあります

よって、旦那さんに前日から早く行くことを伝え、私自身は旅行の準備を夜に終わらせておきました(一泊程度の旅行なら朝にパッとつめる時もありますが、妊娠してから忘れっぽかったり動きがのろかったりしているので先にやってしまいました)

妊娠中は、体温調節が下手になります

代謝が急激に良くなったのか、ただ血圧が高いだけなのか分かりませんがとにかく汗をかきます。なのに体の表面や末端は冷えてしまうという、薄着で良いのか厚着しないといけないのか自分自身よく分かりません

天気予報を細かくチェックして、土日は晴れor曇り、最高気温は二十二度前後とのことでしたので、薄いワンピースの下に長袖を着ることにしました。お腹が冷えるか心配でしたが、結果オーライ(日中は暑かったです)でした

日焼け止め対策は、普段から使い慣れているクリームの数値が低いもの(肌が荒れるのを防ぐため)を塗り、深い帽子を被りました👒

日傘で片手使えなくなると、急に立ちくらみ等した時に手がつけなくなるからです

 

そんな感じで、普段よりは時間をかけて宿の選定と持ち物の準備をしました

マタニティビクスに行ってみた

私が通う産婦人科では、月曜日と金曜日の午前中にマタニティビクスを開催している

入会金5000円、一回あたり500円で1時間のコースだ

ちなみにマタニティ以外にも、産後3ヶ月から行けるアフタービクスというものもある。マタニティビクスから行っている人は、入会金なし&マタニティビクスの回数券余ってたらそれを使いまわして、アフタービクスにも行けるとのことで、迷わず回数券を購入した

 

実は子どもの頃ジャズダンスを習っていた私。学生の頃はさっぱりだったが、気まぐれで行ったフィットネスクラブでもダンスは楽しかった記憶がある。

見学して難易度も把握したので、いざ出陣

 

ここのマタニティビクスは、前半30分立って動き回る。途中からジョギングしながら体を動かすので、参加する妊婦さんは皆ゼーハーゼーハー言いだす。後半30分はマットを敷いて寝ながら下半身(特に産道やお尻周り)を鍛える運動になる。

 

マタニティビクスの効果はてきめんである

普段使わない場所(1回目は鎖骨から肩にかけての筋肉、2回目はなかなか鍛えづらいお尻の筋肉)を刺激するため疲れる。妊娠してから、産休に入ってからは特に、重たいものを持つことがなくなったり、歩くのが億劫になったりで運動量が激減している。たまにはこのくらい激しく運動した方が良いと思う。先生は、マタニティビクスの目的はあくまで持久力をつけるためだ、と言っていたけど。

また、教室内にいる妊婦さんたちは皆安定期になってから行きだした人や、私のように産休に入ってから行きだす人が殆どなので同じ価値観を共有しやすい。妊娠中は目まぐるしく体調や心の動きが変化するのでたかだか2ヶ月違うだけでだいぶ話したい内容も変わってくるのだ。

さらに、臨月、もっといえば今日が予定日だとか、入院したけど陣痛が弱いからという理由で当日入ってくるツワモノ妊婦さんもいる。(もちろん先生の許可は取っているというか、先生に勧められて来ているようだ)ビクスに通い慣れていて運動量も効果も知っているからこそ出来るのだろう。数ヶ月先輩の姿を見て、私たちももっと動かなきゃ!という思いにさせられる。

 

というわけで、できれば回数券使い切るくらいのペースでこれからも通い続けたいと思う。妊娠高血圧にならなければ良いな…

我が家の浄水事情

妊娠して初めて「水」について考えた

それまでは特に水道水に対して不満もなく、蛇口をひねってぐびぐび飲んでいたのだが、山奥の美味しい水を飲んで育った旦那に指摘されたり、ミルク作る時は沸騰させないと…とか塩素がうんたら…とかっていう記事を見たりして、我が家でも浄水器を導入するべきだろうかと考えたのだ

 

きれいなお水を飲むためには、ぱっと思いついたもので3つあった

・蛇口に取り付ける型

ホームセンターでよく見る。今の住居に引っ越した時、水の味が気になると旦那が言って取り付け型の浄水器を導入したが、浄水に切り替えると途端に水の出が悪くなることに不満だった。結局取り外した。

 

・宅配水

CMとかネットの広告でよく見る。病院とかでも実物を見る。確かに電源つけとけばすぐにお湯も冷水も出て便利そうだったが、場所を取る上、そもそも「水道水飲めるのに水買う意味ある?」と貧乏性が発動して見送りに。ミルクのお湯は湯沸かし器あるからそれ使うわ。

 

・ポット型浄水器(採用!)

1Lくらいのポットにカートリッジを装着し、水を入れて下に溜まった浄水を使う。実家ではブリタだったな、と思い同じものを購入。なかなか使い勝手も良い。

災害時、水道が止まってしまった時に水を入れれば飲み水としてすぐに使えることや、重たいペットボトル(宅配水)を買う必要がないことも決定要素の一つ。

 

というわけで、我が家ではブリタのポットを使っている