プレママのぐーたら日記

おんせん県に住むプレママ(初妊婦)です

パパコラムに投稿したらしい

以前、こんな記事を書いた

http://tsuyu-2u.hatenadiary.jp/entry/2017/04/27/000124

 

要約すると、「旦那さんがネタに困って笑い話にしようと私に振ったが思わぬ地雷を踏んだ」話である

昨日書いて職場のコミュニティに投稿したよ、と旦那さんから報告があり一枚の紙を見せてくれた

そこには、待望の妊娠判定から私の体調の変化に戸惑い(心配し)ながらもお腹が膨れていく喜びを感じたこと、そして「数え年」について自分なりの思いを綴っていた

彼は今の仕事が(ざっくり言うと)文字を扱う仕事なので整然とした文章で読みやすかった。昔に比べて、人に伝わる文章を書くようになったなあと感じている(by元文芸部員)

このコラムの中で一番好きな部分を引用する

「赤ちゃんは、数え年では産まれたときから『1歳』です。……親は子どもがおなかの中にいるときから、一年間一緒に家族として暮らしているという当たり前のことに、私自身、親になるまで気がついていませんでした。」

この文章を読んだときに、旦那さんが家族としてこの子を迎え入れてくれているんだ、と嬉しくなり泣きそうになった

よく本やテレビなんかで「男の人は妊娠中子どもの存在を分からず、生まれても自分の子どもとしての実感がわかない。だから育児は母親の後追いになってしまう」なんてことが言われていて、(失礼ながら以前は)旦那さんもそうなのかなあ?とぼんやり考えていた

でもそうじゃなかった

この10ヶ月間、旦那さんと一緒に参加したり勉強したりしてきたことが2人の糧になっている。妊婦健診の日、エコーでお腹をぐりぐりしている動画(産婦人科がDVDに焼いてくれる)を旦那さんは必ず見る。あれは単なる興味とかそういうものではなくて「自分の子」として成長を喜んでいたのか、と分かった(安堵した、に近いかもしれない)

 

予定日がどんどん近付くにつれて、挙動がいつも以上におかしい旦那さんだが、きっと立ち会い出産のときは一緒に頑張ってくれるだろう。出産前に彼を見直して、さらに信頼することができて良かった

 

お腹のエイリアン(私の子)よ、いつでも来ていいぞ。待ってるぞ

産道を柔らかくする注射とNST

先週の妊婦健診から「産道を柔らかくする注射」を打っている

なんという薬名なのかは聞いていないが、初産の人や子宮口が開きにくい人に静脈注射するもので、週2〜3回打つと良いらしい

こういったものは大体効き目に個人差があるのだが、産道から子宮口にかけて柔らかくなって陣痛が少しでも早く進むのならと思い健診から4日あけて注射を打ちに来た

この時、NSTノンストレステスト)という、赤ちゃんの胎動や心拍数とお腹の張り具合を測る機械をお腹につけて様子を見ながら看護師さんが静脈注射をする

NSTは約30分で終わるのだが、その時間中赤ちゃんが寝てしまい胎動が落ちると様子が見られなくなるので、お腹に嫌な音と振動を与える器具でブブブブ!と震えさせ起こさせる

これ、赤ちゃんにとってほんとに嫌らしくいつも以上に胎動があったり心拍数が上がったりするのだ(母親には何も害はないのでお腹の様子がおかしくなって面白い)

NSTはこれで3回目だが、お腹のエイリアンは何故かこのタイミングで寝ることが多いらしくいつも起こされる。もしかしたら「お腹の中で嫌な音で起こされて嫌だった」と言うかもしれない。(実際に言った子どももいると看護師さんが教えてくれた)胎内記憶があるうちに聞いてみようかな

予定日前の落ち着かなさ

妊娠アプリにあと5日と書かれると妙にそわそわ…落ち着かない気分でお布団の中にいる(堕落人間)

 

今日は1週間夜中まで起きててやっと来た土曜日の寝溜めか!?というレベルで寝ていた

昨夜18時ごろから身体がきつくなり、ご飯を食べてすぐに横になる→気を失うように30分程寝る→目が覚めても身体が少しだるい→お風呂等済ませて寝る→何回か(トイレやお腹空いて)起きるもすぐ寝るが続いた

今朝は旦那さんと朝ごはんを食べ行ってらっしゃいをしたあと、身体のきつさが取れずに寝る→正午前に起きて昼食の準備、食べる→寝る(›´ω`‹ )→18時に起きて夜ご飯の準備、食べる→寝ないけど横にならないと辛い(今ココ)

 

もしかして出産前の予兆なのか!?と思ったが、土日実母が来県して講座に参加したり(後ほど別の記事であげたい)、家の片付けをしたりしたから精神的にも体力的にも限界が来ていたのかもしれない

ここ1週間きている恥骨痛やお腹〜腰まわりのズーンと沈むような重たい痛み(生理痛に似てる)は続いているから、きっとお腹のエイリアンが下に下りてきてはくれていると信じている

できれば予定日ぴったりの今週末〜来週の月曜か火曜日にうまれてほしいなあと思う母(わたし)と父(旦那さん)ではあるが、赤ちゃんが決めるというからもし来なかったとしてもしばらくは待ってあげようと思う

それまでは私も運動とか頑張るわ(今日のマタニティビクス行けなかったのが残念)

f:id:tsuyu-2u:20170515222812p:image

カイロプラクティックのお話

学生の時から(中学か高校?)カイロプラクティックに通っている

カイロって何よ?と聞かれてもきちんと答えられる自信がないので、気になる人はこちらをみて欲しい

http://www.jac-chiro.org/aboutChiro.html

一般社団法人日本カイロプラクターズ協会)

 

いわゆる瞬時にボキッと骨をいわせるやつというイメージがあるカイロだが、妊娠して通い始めた所はバキバキいわせないやり方で神経を整えていくようだ。結構強い力でぐーっと骨や神経周りを押し込んでいく

施術後は好転反応が出て、体がすごくだるくなり、寝てしまわないと動かなくなってしまう。寝て起きたらとてもすっきりするから、無理せず休んだ方がオススメだ

 

ざっくりというとそんな感じだが、私が今受けている所は臨月(なんなら予定日)でも施術してくれるありがたい所だ

つわりから抜け出してしばらく経った頃、骨盤が開いて歪んでしまっているのを自覚した。(学生の時から実家近くのカイロに行っていたので、背骨や骨盤の歪みで腰痛や頭痛になるのが何となくわかる)しかし、カイロや整体は信頼できる所でないと逆に症状が悪化する(経験済み)し、今は大事な妊娠時期だから…と我慢していた

それで、我慢できなくなったのが産休前の8ヶ月。普通なら、妊娠した人でも初診は安定期までしか施術しませんよと断られるような時期だ。恐る恐る予約フォームに症状を書き送信すると「良いですよ」と後日メールが来た。

 

施術も私の体調に合っているようで、ぎっくり腰の様にギリギリと痛む下半身が嘘の様に軽くなるし、むくみもすっと取れた(体重制限がある妊婦にはありがたい…!)そのカイロでは、妊婦のお腹の大きさに合わせて施術台のお腹部分をガコンっと凹ませることが出来るため、うつ伏せが辛くない。久しぶりにうつ伏せ出来た時感動した(うつ伏せ好き)

今日は、痛かった場所をピンポイントに押され、「ああ…その一点がすごく痛かったとこですう〜いたたた…」と言葉が漏れた。腰痛と一言で言っても、行くたびに痛いポイントが違うのだが、プロはすぐに見抜いてくれる。因みにいつも一番痛いのが、ふくらはぎを下から上にさする行為だ。私自身信じられなかったが、体重が増え、重たいお腹を支える足の中でも一番疲労が溜まりやすい所(蹴り出す時に一番エネルギーを使う筋肉)だそう。そこまで強くはしていないはずなのに「うぐぐ…」とうめき声が出るほど痛い(そして施術後は足がすごく軽くなる)

施術者の方も(関西出身だからか)話が上手で、30分があっという間に過ぎてしまう。個人情報を引き出すのが上手いのか、同業者(患者)の話も聞く。1:1の対応時間が長い職業(美容師とかネイルサロンとか)あるあるだな〜と思いながら楽しく聞いている。話が苦手な旦那さんはあまり雑談しないようで、そういう人には静かに施術しているそうな

 

私の骨盤を見る限り、ちょうど予定日頃には生まれそうな気配だけど、もし予定日を過ぎてしまったら骨盤を動かしましょうと言われたので、それまでは何とか自分の力で歩いて運動してエイリアン(お腹の子)が通りやすいようにしていこうと思う

腰痛から解放された夜、好転反応で辛くなってきた体ですぐにお風呂に入り、夫婦共々お布団にダイブした瞬間爆睡した。私は(頻尿だから)いつも通り2〜3時間で起きてしまったが、昨日までと違って立ち上がるのも寝転がるのも痛みを気にせず行動に移せて幸せだった

 

あと10日頑張ろう

 

激痛(主に腰)のお話

臨月に入り、予定日が刻々と迫ってくる中悩ませているのが腰痛である

生理痛の時によく腰痛が併発していたが、妊娠して生理痛としばらくおさらば!していたからか、この程度の腰痛ですら「アウチ…」と呻いている

具体的にはゴロゴロと寝返りを打つのに時間がかかる(ヘルニアとかギックリ腰になった人がひねりながら寝返りできないあの感覚)、屈んで物を取るときにピキッと電気が走るの2つだ

台所で油や調味料、鍋を下に収納しているため、地味に時間がかかっている

 

更にはここ一週間で両足の付け根(パンツのゴム紐があたるとこ)やたまに恥骨が痛みだした。ずっと押さえつけられているような感覚で、ズーンと響いている

モミモミすればまあ治った気がする?ので、そこまで不便には思っていないが、今まで痛まなかった所に違和感を感じると気になってしまう。ここまで下りてきているという証拠なのだろうか

 

そういえば今日GW明けてすぐのマタニティビクスで、赤ちゃんの心拍数を測る時に助産師さんから「あら?逆子??」と意味深な言葉をかけられた(運動前も後も)から不安だ

逆子体操を真似てみたが、まあ動く気配は全くなかった。冷えが悪いと書かれていたので、ここ最近していたお風呂上がりの扇風機を封印し、いくら暑かろうが下半身に毛布を巻きつけて横になっている

今まで素直に下を向いてくれていたエイリアン(我が子)だが、ここに来て急に反抗し始めたのだろうか。何も考えずにすんなり出てきてくれていいんだけどなあ…

胎動を感じても、ここに頭があるだとかここは足だとかが分からない母親なので、木曜日のエコーでどんな格好をしているのかちゃんと見てこようと思う

 

母との通話

私はあまり実家と親密に連絡を取る方ではない

というと、仲が悪いのか?とよく聞かれる(or思われる)のだがそうではなく、ただ「自立した子になりなさい」と育てられた結果だと自分自身は思っている

だから、大学も(半分母の勧めもあったが)自分で決めて推薦取って入ったし、就職先も実家のある県は受けない(戻らない)と決めて今住んでいる所に入ったし、結婚するときもここに骨を埋める覚悟で親に紹介した

そんな私だから、父はおろか母と電話でぺらぺら喋るなんて事は滅多になく、お互い近況はフェイスブックで知るような感じだった

(一方で、旦那さんは毎週のように実家に帰りたがり、電話もきちんとする親孝行な息子である)

 

今日、たまたま旦那さんが実家に電話しているのを側で聞いて、何故か私も誰かに電話したくなった。旦那さんにそういうと「お義母さんに電話したら?」と返事が来た

母に今電話したら陣痛来たのでは?とか思われるのでは…と余計な心配をしながら、電話をかけるとテレビを見ていたのだろうか、リラックスした声で出てくれた(夜中まで仕事している時は大抵ピリピリした声になっている。結構声に表情の出る女性である)

具体的に何を話したか覚えていないくらい、多分色んな話を飛びながらした。臨月に入り、今まで以上に不安なのだろうか。初めて母の陣痛の時の話を聞いて、ふむふむと頷いたりへえ〜と驚いたりしたのは覚えている。私を産んだ時、美味しそうなご馳走を勝手に下げられてしまったことと、シャワーに入り損ねたことの話は笑ってしまった。私が(赤子故に空気を読まず)その時間おむつにうんちをしたからだ。申し訳なかった

 

結局、電話を終える頃には50分くらい経っていた。そういえば昔、祖母と母も普段はまったく電話とかしないのに、一度電話始めると1時間近くぺちゃくちゃ話していたし、祖父母の家に帰省したら延々と話していて、「おばあちゃんと話したいのは私もなのに」と嫉妬していたのを思い出した。もしかしたら、縁もゆかりもない地に(父の仕事の都合で)引越して、小さい子を抱えながら出産する心細さから祖母に頼っていたのかもしれない。私は初産だけど、それ以外は母のそれと似ている

「陣痛より乳腺炎になる方が怖い」と言った時は「ええ?(この子変だな)」と返されてしまったが、母も極端に心配しているようではなく安心した。私の性格上、自分ではそうは思っていなくても周りからとやかく言われると、自信をなくすか不安になる傾向にある。それも分かっていてあえて「頑張んなさい」とだけ言ったのかもしれない

 

通話の後、久しぶりに熟睡した。時間はいつもと同じ3時間あるかないかだったが、起きた時の頭の軽さが違っていた。電話したら?とアシストしてくれた旦那さんに感謝している。明日何か美味しいものを作ってあげよう

赤ちゃんの呼び方について

妊娠している、と分かってからお腹の中にいる生命体の呼称にすごく悩んだ

対外的には「赤ちゃん」で良いのだが、私の中ではこの子は「赤ちゃん」ではなかった。最初に見たエコーで「何だこれ…?(人間か?)」と感じた衝撃が大きかったからかもしれない

だから、今でもお腹の中にいる間は「エイリアン」。ぴょろっと細長い生物がちゃんと人間の形をし始めて、可愛らしい(?)顔を見せてくれるようになっても、まだ信じきれてないところがある。赤ちゃんにしてみれば、こんな疑い深い母親の元に生まれて良いのか悩んでしまいそうだ

 

因みに旦那さんは一貫して「ベビちゃん」だ

どこからその呼び方を習ったのか知らないが、お腹に話しかける時も、赤ちゃんの物を買うときもずっと「ベビちゃん」である

だから、家の中で二人でお腹に話しかけるときや旦那さんに胎動の話をするときは「ベビちゃん」で統一している

 

出産して晴れて人間の子だと分かった暁には、ちゃんと「赤ちゃん」呼びできるだろうか。

「赤ちゃん」という響きが少し恥ずかしいから、このブログでは「赤子」になるかもしれない。愚息は嫌だな、最初っからこの子ほんとダメな子で〜と無限の可能性を否定してる親の感じが好きになれない(もちろんそういう意味ではない、謙譲語の一つと理解はしてる)

意味不明な行動を取るからやっぱりエイリアンのままなのだろうか

 

1ヶ月後、どう呼んでいるか楽しみだ